お産の始まりとはどうゆうものでしょうか?3つのポイント

おしるしについて

おしるしが来ると、順調な人で1~2日後に陣痛が始まり、遅い人で4~5日後に陣痛が始まります。
血液の混じった粘液状のおりものの事です、量や色は個人差があります。
色‥おりものに少し血液が混ざったピンク色、又は茶色い色です。
量‥多い人で生理と同様ぐらい出る人や、少なくて下着に少量が附着するぐらいです。
おしるしは数回ある場合があります。

おしるしのメカニズムはお産が近くなると子宮膜が薄くなりに次第に子宮口が開いてきて、子宮が収縮をおこし、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮の壁がこすれて毛細血管から少量出血するのが原因とされています。

私は内診の刺激(激痛‥怒)で出血してそれをおしるしと勘ちがいしました!
2回目の内診の刺激(涙)もまた出血してそれから暫くして陣痛がきたので、結局どの出血がおしるし分かりませんでしたが、陣痛の前にピンク色のおりものが出たのは確かです。

※おしるしが真っ赤になったり、30cc以上の大量に出血した場合や痛みを伴う出血の場合、すぐに病院に連絡して下さい。胎盤早期剥離や前置胎盤の兆候ともなります。

陣痛からはじまるお産

「おしるし→破水→陣痛」の人もいれば。「おしるし→陣痛→破水」の人もいます。
順序は人それぞれです。

お産のスタートは規則的な子宮の収縮が起こります。はじめはズキズキ、だんだん痛みも強くなります。

お化粧やマニキュアなど落として、お風呂に入っておきましょう。病院に連絡するタイミングは初産の場合10分感覚になった時が目安です。

10分感覚になっても、すぐに産まれるケースは少なく。(テレビドラマのように直ぐに産まれません)。

間に合わないかも‥と心配しなくても大丈夫ですが、もし心配なら旦那様と家庭分娩の知識を身につけておく方が良いでしょう。

初産の場合は、このズキズキからゴールのお産まで平均で12時間から16時間かかるといわれています。(ながーい!)長い戦いになるので、痛みを上手に逃がしてお産への体力の消費を減らしましょう。私は陣痛と闘う時に呼吸法に助けられました。前もって練習しておくといいと思います。

私の初産は明け方の5時から陣痛らしきものがあり、7時ごろ病院に行き、それから丸一日経ってようやく子宮口が10センチになりました。破水も先生に破ってもらったので、(余程お腹から出たく無かったのかしら‥)出産したのが次の日の12時なので、30時間ぐらい痛かった事になります。

早く産まれる子はある意味で親孝行ですね。(・ω・`)

破水からはじまるお産

破水かも‥羊水の特徴は?

一般的には子宮口が全開になった頃に破水するのですが、陣痛前に破水するケースもあります(前期破水)ので、心の準備をして置いて下さい。

卵膜が破れて破水したら、羊水が流れ出てきます。破水すると赤ちゃんが滑りやすくなる為に子宮から出てきやすくなります。

ちょろちょろ出てくるケースやバシャバシャでてくるケースもあります。破水すると赤ちゃんの頭で子宮口に蓋をするのですべての羊水は流れないそうですが、破裂音がしたり逆子の場合は流れ出る羊水の量も多いと言われます。

赤ちゃんが細菌感染する恐れがあるので、破水したら放置せずにすぐに病院に連絡して下さい。
尿漏れの場合はアンモニア臭ですが、羊水は甘酸っぱい臭いです。
羊水の色は淡い黄土色で、3時間ごとに再生しているため、流れ続けていたら破水を疑った方が良いです。

破水か決められない時でも疑わしいならば病院に行きましょう。
病院ですぐに調べる事ができます。

破水後は絶対にシャワーやお風呂には入らないで下さい。細菌感染を防ぐためです。

破水した時の処置の方法

トイレに行く時は前から拭くようにします、清潔なナプキンを使います。それでも溢れてくる場合は清潔なタオルをあてがいましょう。そして直ぐに病院に連絡し行きましょう。

破水後にへその緒が出てきたら

逆子や未熟児の場合は破水した時に赤ちゃんやへその緒が下りてくる場合があります。圧迫すると酸素が送れなくなってしまうので、まず四つん這いになりへその緒を圧迫しないようにします。へその緒が垂れさがる場合は温かく湿らせたオムツや清潔なタオルに包んで直ぐに病院に連絡をして、緊急に治療します。

破水したら羊水が緑色だった!

胎児が胎便をすると羊水が緑色に濁ります、まれに起こる事があります。
すぐに医師に連絡して下さい。

破水して陣痛が起きない時は

一般に破水してそれから12時間以内に陣痛が起きるとされています。
遅い人で24時間で陣痛が来ますが、中には陣痛が始まらない人います。
医師の多くは妊婦が破水をしていたら、陣痛を待たずに陣痛促進剤で誘発を促します。
赤ちゃんの細菌感染を防ぐ為だと言われています、医師の決定に従いましょう。

こどもちゃれんじbaby資料請求


特集記事一覧


最新の記事一覧

スポンサードリンク


ベルメゾンネット





ページ上部に